論文試験の戦略1

大変お待たせしました。僕が、論文試験に関して立てていた戦略についてまとめてみます。

以下はあくまで多くの仮説に基づいた僕個人の考えにすぎません。ですので、その仮説が正しいかどうかについては、全く責任を負えませんし、また、議論をする気もありません。何度も言いますが、個人の体験談の1つとして読んでください。

なお、長くなったので分割してうpします。

(書き終えた後に読み返してみたのですが、たかが一合格者の分際でこんなことを偉そうに書いているのは何というか、片腹痛いという感じですね。しかも無駄に長い。恥さらしではありますが、こんな文章でも誰かの役に立つことがあるかもしれませんので、そのまま置いておきます…。)
続きを読む
posted by sun at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

更新予定とblogの今後

更新が遅れて申し訳ありません。「論文試験の戦略」について、日曜日に書くつもりでおりますので、今しばらくお待ちください。

続きを読む
posted by sun at 00:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

予備校講座について

予備校講座について、と銘打っていますが、実はそう大して受けていません。ですので、ご期待にお応えできないであろうことをあらかじめお詫びしておきます。
予備校講義の紹介がメインテーマなのですが、予備校講義を受けるまでに考えていたことについても言及してみます。

1.旧司法試験対策の講座
僕は、ローに入学して旧司を受けるまでは、学校の講義・期末試験と旧司の過去問の処理でいっぱいいっぱいで、予備校には模試以外では手を出していません。旧司の論文で想像以上の惨敗(出来たと思った科目が全然ダメで、失敗したと思った科目が普通だった)を喫したときに、自分が、どう書けば点が伸びるかということについてほとんど研究していなかったことに気づきました(というよりもそこまで手が回らなかったのです)。
そこで、まずは、身近な旧司合格者に再現答案を見てもらいアドバイスをもらいました。様々ダメ出しをいただき、自分が「この記述でも論理は通っているから十分評価されるはず」と思っていた記述は、独りよがりな戯れ言に過ぎなかったということに気付きました。さらに、答案の書き方や論文試験に臨む姿勢などにおいて、合格するために必要な何かを全く掴んでいなかったのではないか、ということに気付かされたのです。(このあたりの問題の解決については、次の記事で書くかもしれません。)

その合格者の方にいろいろとアドバイスをいただきつつも、他の合格者の話も聞いてみたいと思い、ネットで情報収集にかかりました。(猪瀬さんのblogを見つけたのもちょうどこのあたりでした。) 旧司の合格者のblog(どのblogかは忘れました)を読むと、合格者講義がいいらしい、ということが分かり、それならばと、直近の3年間の合格者講義の中で評判のよいものを3つ受けてみることにしました。

なお、以下ではその3つを紹介しますが、来年の新司法試験の受験を考えておられる方々は、必ずしも受ける必要はないと思います。旧司と新司は別の試験ですしね。それよりはむしろ、身近な合格者に相談する方が有益でしょう。ここでは、一応紹介しておく、というだけのことです。

平成15年度合格者講義:オールA合格者による現場錬金術
辰巳の合格者講義の中でもトップクラスに評判がよかったので買った講義。これを受けて、自分の中では何かが確実に変わったと思いました。講師は、新司法試験向けのゼミを主催しておられるようで、辰巳のサイトにパンフレットが残っていました。この講義の内容については、こちらに書いてあるようなことですね。→辰巳のパンフレット(pdf)
ここに書いてあることが理解・実践できるのであれば、わざわざこの講義を聴く必要はないと思います。試験現場での「悪魔の囁き」に負けてしまうという方(僕もそうです)は、ひょっとしたら聴く価値があるかもしれませんね。なお、UPDATE版なるものも出ているそうなので、そちらの方がいいかもしれません。

平成16年度合格者講義:答案の骨確立講座・実践講座
試験で書くべき「骨」の部分を押さえるには、という趣旨の講義だったように思います。山島先生の講義をさらに発展させるという趣旨だったように思いますが(参照:山島達夫「法律答案の構造的思考」)、詳しくは忘れました。ただ、これは旧司法試験の合格メソッドであり、新司法試験にはそれほど通用しないのでは、と思っています。僕は、確立講座と実践講座の2つを買ったのですが、確立講座の途中で挫折しました…。

平成17年度合格者講義:論文150点の軌跡
すみません、悪くはなかったと思うのですが、途中で挫折してしまったため、内容は記憶の彼方です。

このように、3つ購入はしてみたのですが、うち2つはまともに聴かぬままさようなら、という状態でした。というのも、最後の2つに取りかかる頃には、自分なりの方法論が固まってきていたので、これ以上方法論についての講義を聴く必要性を感じていなかったのです。
ここで言っておきたいことは、方法論の研究も重要ですが、より重要なのは内容の勉強です。ある程度方法論が固まったら、とにかく走り出しましょう。

2.新司法試験対策の講座
新司法試験対策の講座としては、以下の2つを聴きました。

第2回新司論文上位合格答案徹底解析
辰巳の上位合格答案集を買ってはみたものの、自分で分析するのが面倒なので、この講義を買ってみました。公法系、民事系、刑事系の各科目について、3人の講師が解説をする講義です。公法系は、上位合格答案と下位合格答案の比較をした上で、上位合格答案となるために必要なことを説いている点で、非常に参考になりました。他方、民事系は、単なる答案の論評会になってしまっていて、残念でした。刑事系はその真ん中です。
自分で再現答案の分析をするのは非常に労力がいるので、こういう講義を利用するのはオススメです。

新司短答で9割とる講座/手形小切手法
西口講師による講義です。手形小切手まで手が回らないものの、落としたくはなかったので買いました。ある程度手形小切手について知識があることが前提となっていますが(講師は未修者にも分かるようにと言っていたが、あれでは無理)、ポイントを押さえた講義は非常に分かりやすかったです。


以上で講義の紹介は終わりです。思うがままに書いたので、またしてもまとまりのない記事になってしまいました。(講座の紹介と言うよりも、回顧録みたいになってますね。)
posted by sun at 01:11| Comment(15) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

お願い&今後

最近、あまりにもコメントが多くて、少々当惑しております。
注目していただき、コメントをいただけるのは光栄なことですが、
全てに応えていると実生活にも影響が出そうなので、
これからは数日に1回、(応えられるものには)まとめて応える、
という形で対応していきたいと思います。
返事が遅くなるかもしれませんが、ご了承ください。
また、質問をくださる方は、
ご自分の状況(たとえば、未修1年目、等)を明らかにした上で、
できるだけ具体的に質問していただけると助かります。
抽象的な質問に答えるのは非常に時間がかかりますし、
他の記事との重複も生じますので、
答えられるものに対しては時間を見つけて記事にしていく、
という形で対応させていただきます。
ただし、その際には、書きやすいように
こちらでテーマを微妙に変えさせていただくかもしれません。
あと、できれば他の記事やコメント対応などを見た上で、
質問をしていただけると助かります。


今後は、とりあえず要望があった
・聞いた予備校講義の感想
・論文試験の際に注意していたこと
と、
・ずっと前に書きかけていた連載記事の続き
(ただし、こちらは気が向いたら)
について書いてみます。
とりあえず修習開始を一区切りとしようと思っています。
その後は、このblogの継続も含めて未定です。
posted by sun at 00:05| Comment(18) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

演習書について2

僕の使用した論文の演習書について書いていきます。
論文対策の方法論は、人によって全く異なりますし、
唯一絶対の方法論があるというわけでもないと思います。
あくまで僕の採ってきた勉強方法の紹介だということで書いていきます。

続きを読む
posted by sun at 15:03| Comment(36) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使用した演習書について

僕は、2006年度の旧司法試験と2008年度の新司法試験を受験しまして、
そのそれぞれに向けて試験勉強をしてきました。
そこで感じたのは、両者で求められる能力は微妙に異なる、いうことです。
ですので、旧司法試験での方法論をそのまま新司法試験に持ち込む、
というのはあまり得策でないように思います。
以下では、上記の観点から、どのような点に主眼を置いて
勉強をしていけばよいか、演習をしていけばよいか、
ということについて書いてみます。

続きを読む
posted by sun at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

新司成績通知書

成績通知書が届きましたので、うpします。
これが、最後の勉強記録です。

新司総合結果.jpg

論文式
公法系 146.03
民事系 220.84
刑事系 162.67
選択科目(知財) 78.40
論文合計点 607.95
論文式順位 2位
総合評価 1374.92
総合順位 2位


十分満足できる結果が取れました。
特に飛び抜けてよくできた科目はないものの、
全体的にまんべんなくよくできた結果、
総合点でいい結果となりました。


さて、勉強方法については、
どうも自分が書こうと思っていたことは
すでに多くの書籍に書かれていることだったりするので、
書くモチベーションが下がったりしています。
ですので、気の向く限りで書いていこうと思いますので、
あまり期待しないでください。

ただ、私自身も合格者blogにはものすごく助けられましたので、
その善意を繋ぐという意味もこめて、
ご質問・ご要望には可能な限り応えていきたいと思っています。
ですので、何か質問がある方はコメントしてください。
修習が始まるまでは、可能な限り応えさせていただきたいと思います。

それでは、次回は、先日質問をいただいた、
演習書について書いてみます。
posted by sun at 01:50| Comment(18) | TrackBack(0) | 新司を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

出題の趣旨 雑感

新司法試験の出題の趣旨がようやく公表されましたね。
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h20kekka01-8.pdf

早速自分の答案の筋と比較してみます。

憲法
やはり、検閲・事前抑制は不要だったようだ。
しかし、試験委員の求めていることが多すぎ、難しすぎてワロタ。
そして、謎なのは以下の記述。
「求められていることは、上記の問題点を全て挙げることではない。…(受験生が)重要であると思う複数の問題について、説得力のある主張を展開することが求められている。」
こうあるくせに、「試験委員が重要であると思う問題」には高い配点が振ってあり、
それでばっちり合否をつけてくる。
訳分からんことを書く前に、採点基準を公開しろ、と言いたい。
自分の答案は、拾えているものも拾えていないものもあるが、
評価不能だ。

行政法
設問1
そこそこできた?民事差止めは思いつかなかった。

設問2
雑ながらもそこそこできた?

民法
設問1小問(2)の「売り主に目的物の所有権の登記が求められること」を書き落とした以外は、よくできたっぽい。

会社法
難しすぎ。笑うしかない。
設問1、株式交換の問題点の指摘が不十分。
設問2、乙社に対する責任追及の手段の摘示が不十分。
おそらく、8科目中最も出来が悪い。
が、全受験生の出来も最も悪いのだろう。

民訴
途中の書きっぷりに不安は残るが、出題趣旨は外していない。

刑法
概ねよし。余事記載は多いが。
ただ、最後の罪数・共犯の成立範囲で、
筆が滑って余計なことを書いてしまったため、減点されたと思う。

刑訴
設問1、321条1項3号の解釈、要件該当性に絞って書いて欲しかったのね。
余計なこと(伝聞証拠該当性、323条3号)をたくさん書いた上、
解釈論、事実の摘示・評価でも不十分かも。
その他、再伝聞は問題なし。
設問2は問題なし。
やはり現行犯逮捕、差押えは不要だった。

知財
特許
設問1で、専用実施権の登録の有無で場合分けは不要だったようだ。
これはラッキーだったとしか言いようがない。
その他は、大外しも大当たりもしていない感じかな。

著作権
38条4項を落とした以外は、概ねよし。
というか、38条4項落としが痛すぎ。


改めて見てみると、司法試験の難しさを感じる。
特に憲法、これは本当に訳が分からん。対策不能。恐ろしいの一言だ。
来年受けなくていいのが本当に嬉しい。

うちの実家に成績通知書が届くのは25日かな。
待ち遠しい。
posted by sun at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 新司を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

成績通知発送日

いつ成績通知書がくるんだ、と気になって2chを見ていると、
22日(月)に発送される旨の掲示が、合格発表の掲示板にあったとのこと。

そういえば、掲示板の写真を撮ったな−、と思い写真を見返してみると…
あった。

成績通知書発送日.jpg

22日発送で間違いないようだ。
そうすると、僕の実家に届くのは24日以降か。
はあ、長い。
posted by sun at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。