2008年03月05日

無職の悲哀

○スタ論刑事系1を受けてきた。
前回立てていた目標(4時間で15枚書く)は、
一応達成できた(ホントは2行足りなかったけど、まあよし)。
ただ、点数は思っていたより
伸びなさそうで残念。
今は、択一対策を中心に据えているので、
答案を書くのは、この答練でだけ。
週に1回しか書かないと、
字を書く筋肉と、文章をひねり出す脳の瞬発力が
衰えてる気がする。
やっぱり、週に2回か3回は答案を書く機会を設けたい。
試験直前は、毎日書くようにしたい。
(なお、引越し前に受けた民事系はまだ返ってきていない。
配送をお願いしたのに、レスポンス無しだ。
辰巳は何やってんだ。)

ただ、最近若干気になることが。
予備校の問題に慣れすぎたせいか、
答案が論点主義的になってきてしまった気がする。
純粋に事案を分析するというよりも、
この問題はこの論点を書いてほしいのかなー、
という視点で問題文を読んでいるのだ。
この傾向は、多少なら点数アップに資するとは思うけど、
行き過ぎると自滅への道だ。
今は若干行きすぎな感がある。
本試験の前には、過去問をしっかり分析して、
感覚を戻さないといかんね。


○家の近くのプールに会員登録してしまった。
これから毎日通うつもり。
30分ほど全力で泳いで、
ストレス解消、体力強化、ダイエット、腰痛緩和の
一石四鳥だ!
水泳は本当に楽しい。


○無職の悲哀
人に説明できない身分になってしまった。
クレジットカードの住所変更をしたのだが、
「ご職業の変更はありますか」と問われて、
答に窮しちゃったよorz
「無職です!」と力強く答えればよかったんだが、
「いや、ロースクールという特殊な学校を卒業してですね…(ry」
と、言い訳をしてしまった。
また、プールにバイクで行ったのだが、
ナンバーの変更をしてないので、
目立つのか声をかけられる。
「あんたどこの人?何してる人なの?」と問われて、
今度はウソついちゃったよ。
「いや、地元に帰って就職しまして…。」
いちいち真面目に説明するのがめんどくさいし、
かといって堂々と「無職!」と答えるのも恥ずかしいし。
何も悪いことをしてないのに、なぜか罪悪感を感じるよ。

早く、この人に説明できない身分を脱しなければならんね…。
posted by sun at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88426605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。