2008年10月19日

講演のようなものをしてみた

司法修習の採用内定通知が届きました。
が、肝心の修習地の通知が来ていません…。
2chスレを見ると、一部では届いているようなのだけど。
これが来ないと、次に向けて動き出せないのに。
届くのは月曜になるのかな。
わざわざ金曜日に送るなよ、と言いたいですね。


さて、昨日は大学時代に在籍していた研究室で、
ちょっとした講演のようなものをしてきました。
テーマは、ローに入ってからの苦労話。
研究室から法曹になっている人はいないようなので、
僕の体験談と聞きかじった話をしてきました。

そこでもやっぱり興味を引くのは、お金の話。
僕の話を聞いた先生が言った一言が、
「弁護士って期待値悪いよな。」
かかる費用はすごい上に、試験、就職難、競争激化と
超えなければならないハードルはやたらと多く、
割に合わんな−、とは僕も思ってしまいますが。

先生も僕の話を面白いと思って下さったようで、
「impressiveだった。次は報酬付きで。」
と言って下さり、僕も頑張って準備した甲斐がありました。
今までいろいろと不義理なことをしたのですが、
これでみそぎが済んだと言えそうです。

ところで、研究室の学生で一人、
ロースクール進学を考えている人がいたのですが、
話をしてみると、情報も得てないし明確なビジョンも持っておらず、
どうものほほんとしているのです。
このままじゃヤバイだろ、ということで、
悲観的な話をしまくって冷や水をぶっかけた上で、
「僕が君の立場なら、留年して就活するけどな」
という話をしてしまいました…。
いくら何でもちょっとやり過ぎたかな、とは思いますが、
現状を見ると、これから法曹を目指す意義が見出しにくい、
と思ってしまうのです。
(もちろん金が全てだとは思いませんが。)
posted by sun at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本人のためにはとてもいいお説教だったんではないでしょうか?

現実として、どんどんハイリスクローリターンな選択になりつつありますから、そういうマイナス全部ひっくるめても絶対法曹になる!という強い決意とか情熱がある人じゃないと、最終合格までたどり着かないんじゃないかと。

「ロースクールが出来たから、誰でも弁護士なれるよ〜」なんていう台詞は犯罪に近いですしね。(こんな台詞を信じてしまう人はもはやいないと信じておりますが。。。)社会経験のない学生さんの大多数はやっぱり世間知らずなんでしょうか?
Posted by 簿記一級合格者 at 2008年10月19日 11:34
>簿記一級合格者さん
ありがとうございます。僕もそう思います。その彼からは、そのような情熱が感じられなかったんですよね。モラトリアムの一手段のような感じでした。
その他の学生とも話をしたのですが、そのほとんどが本を読んでいないようです。これには理系の学生だということもあるかもしれませんが、世間知らずだな、という感じは否めませんでしたね。
Posted by sun at 2008年10月20日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108287287
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。