2008年10月13日

論文試験の戦略5

ようやく終わりました。今回はまとめです。内容はありません。

5 まとめ
上位合格答案を書くために僕が考えていたことを長々と書いてきました。こうしてみると、猪瀬さんと大部分がかぶっており、わざわざ書く必要はなかったかな、と思っています。猪瀬さんの方法論をベースに自分の方法論を考えたということもありますが、結局のところ、遠回りのようでいてそれが一番の近道なように思います。
posted by sun at 00:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
質問ではないので、この記事にコメントさせていただきます。

とてもご丁寧で詳細な内容の記事、ありがとうございます。

私の質問が抽象的だったので、長い時間と大変な労力を掛けせてしまい、申し訳なく思っています。
自分で本試験問題を分析する前だったので、他力本願みたいな質問になってしまいました。お詫び申し上げます。

ただ、一連の記事の内容はとても参考になるものばかりでした。また、自分では意識がいかなかったものもあり、大変感謝しています。ありがとうございます。

法律の勉強を始めて間もないこともあり、猪瀬さんブログだけでは、圧倒的な知識が論文高得点につながる理由がいまいちよくわかりませんでしたが、今はその理由が理解できます。

結局、基本書、判例、条文を理解し、頭にしっかり定着させる。そして、問題分析をした上で、問題演習を積み重ねる。
これをきちんとやれたら(と言っても、大変な作業ですが)、一桁合格も夢ではないということが分かり安心しています。

まだ、道のりは長いですが、なんとしても目標を達成させたいと思います。その折には、お世話になったsun様にご報告できればと思っています。

最後になりましたが、sun様の今後のご活躍をお祈りしています。
ありがとうございました。
Posted by 未修1年 at 2008年10月15日 00:34
私の貢献など微々たるものですので、少々、照れますが、一定程度は普遍的な内容を持っていたのであろう、ということでしょうかね。ありがとうございます。私がやってきたことも報われた気持ちです。
sun様の投稿された一連の記事は、きっと受験生の心の支えになると思います。
今後の受験とは離れた記事も楽しみにお待ちしております。
Posted by 猪瀬えいじ at 2008年10月15日 02:28
>未修1年さん
丁寧なお礼をいただきありがとうございます。そう言っていただけると、僕も頑張って書いた甲斐があったと思えます。結局、抽象的な話に終始してしまいましたが、ご自分で勉強を続けられて、具体的なところまで詰めて考えてみて下さい。現時点から頑張って勉強していけば、一桁合格も十分可能だと思います。頑張って下さい!
Posted by sun at 2008年10月16日 19:00
>猪瀬さん
一見遠回りのように見える勉強ですが、これがいい結果に繋がったと思います。僕のblogも、猪瀬さんからのバトンを繋ぐことに、わずかながら貢献出来たと思っています。
受験と関係ない記事は、もう少し落ち着いてから書いてみようかなと思っています。
Posted by sun at 2008年10月16日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。