2008年10月13日

論文試験の戦略3

戦略の3です。日付が変わり月曜になってしまいましたね。予想以上に長くなってしまい、間に合いませんでしたorz


3 答案構成
さて、実際に構成するにあたっては、書くか書かないか迷ったときはどうするか、と言う問題が出てきます。ここでは、採点基準が減点式なのか、加点式なのか、という大問題に直面しますね。僕は、再現答案の分析などから、「原則として加点式であり、無駄なことを書いても無益的記載事項としてスルーされる。しかし、それを書くことにより他の記載事項と矛盾を来す場合には、その事項において減点(=必要な点数がもらえない)されることもあるし、裁量点に影響することもある。」という説を立ててそれに従うことにしました。ですので、迷ったときは原則として書く。ただし、他の事項と矛盾を生じさせる場合や、時間不足でそれを書くことで他のより重要なものを書けなくなる場合には書かない、と言うスタンスでいました。

以上のことを踏まえて答案構成をします。僕は、猪瀬さんと同じく、2時間の問題につき、答案構成は原則として30分と決めていました。後でも述べるように出来るだけ多く書くという戦略を採っていたので、答案を書く時間を多く確保したかったからです。もっと構成時間を短くするという人や構成をしないという人もいるかもしれませんが、僕は最低限の構成はするようにしていました。そうしないと、他の論点との整合性が取れなかったり、記述の重複が出たりするなどの問題が生じかねないですし、予定答案の全体像を見ずに書き出すことで、適切な時間配分が出来ず尻切れトンボの答案になってしまうと考えたからです。

具体的な構成の仕方は、問題文を1回ざっと読んで、2回目じっくりと読み、3回目読みながら構成をする、と言う手順を取っていました。構成用紙には雑な段落割りくらいしか書かず、問題文の事実を書き写すことはしませんでした。その上で、問題文を読みながら答案を書いていました。

ただ、答練では30分ルールは守れていましたが、本番の問題は難しいですし、慎重になってしまっているということもあり、守れないことが多かったです。実際の構成時間については過去の記事をご覧ください。しかし、30分ルールを意識することで、ダラダラと構成にばかり時間を取られて肝心の書く時間がなくなると言うことはありませんでした。

なお、構成は、1問ごとに行っていました(民事系では前半と後半で分ける)。2問いっぺんに構成をすると、簡単な構成しかしないため、何を書くべきか忘れてしまい、時間の無駄が生じてしまうのです。
posted by sun at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。