2008年09月26日

演習書について2

僕の使用した論文の演習書について書いていきます。
論文対策の方法論は、人によって全く異なりますし、
唯一絶対の方法論があるというわけでもないと思います。
あくまで僕の採ってきた勉強方法の紹介だということで書いていきます。

論文編

旧司の過去問について
まず、旧司を目指していた2年の5月から夏までは、徹底的に旧司の過去問を解いていました。毎朝1通平成の後半の過去問について答案を書き、辰巳のLIVE本シリーズに掲載された過去問の答案構成をしていました。これは3回くらい回したと思います。
ですが、合格答案の分析が不十分で、どのような答案が求められているか、という意識もないまま試験に臨んだため、あえなく惨敗しました。
その後も3年になるまで旧司過去問を素材とした毎朝答練は続けていました。

このように、僕は旧司の過去問は結構多く解いていたのですが、
新司対策として旧司過去問の答案構成をしまくる、という方法論はあまり優れているとは思いません。旧司では法律論の方に重きを置かれているので、(最近は旧司も新司に近づいているようですが) 適切な答案構成が出来れば、大体高評価の答案が書ける、という傾向にあったように思います。
しかし、新司では、法律論に加えて与えられた事実の摘示と評価に重点が置かれているので、適切な答案構成が出来たとしても、高評価を得られる答案を書けるとは限りません。したがって、「何を書くか」ということに加えて、「どう書くか」といったことも意識した勉強を進めることが必要です。

以上の観点から、僕が使用した演習書等について論評していきます。

判例集
憲法、行政法、民法、刑法、刑訴については、
百選に加えて(あるいは百選に代えて)ケースブック等の判例集を使っていました。判例がどのような事実を重視して、その事実をどのように評価して結論を導いているのか、ということに注視しながら読んでいました。事実評価の仕方を学ぶということが主眼でしたので、最高裁判例だけでなく下級審裁判例も読むようにしていました。特に行政法では、裁判所の行う個別法の解釈の仕方をそのまま身につけられるように、個別法の条文を眺めながら判文を読んでいました。

このようにして判例を多く読むことで、問題解決の引き出しが増えたように思います。すなわち、問題となる事実が与えられたときに、それに似た判例を思い出しながら、それとの比較を意識しながら当該事案を解決する、という思考が身につきました。
なお、ケースブックの問題はほとんど解いていません。

学者の書いた演習書

公法系訴訟実務の基礎
これは新司のレベルを遙かに超えています。読み物として読む分には面白いのですが、これに一生懸命取り組むのは非効率なように思います。

演習刑事訴訟法
非常にいい本だと思います。必読です。

民法総合・事例演習
これも新司のレベルを遙かに超えた演習書だと思います。しかも答えがついていないので、ゼミなどでこれを扱うのは、新司対策としては非効率だと思います。僕は、ほんの数問だけ解いて、投げ出しました。ここに掲載された問題が解けなくとも十分に合格レベルに達成します。

今のところ、パッと思いつく演習書はこれくらいです。他にも読んでいると思いますが、手元にないもので。少なくてすみません。
ただ、基本的には解説のついていない演習書に取り組むのは、非効率すぎるので、止めた方がいいでしょう。まだ時間のある2年生ならばいいでしょうが。

予備校答練について
僕は、辰巳のスタ論第1クール、第2クール、全国模試を受験しました。辰巳を選んだ理由は、受験生が多い、という理由に尽きます。

判例を読むという勉強だけでは、やはり書けるようにはなりません。自分で答案を書く、という作業は絶対に必要です。その機会を作るために、答練を受験するのは有用だと思います。

予備校は問題がショボい、採点が酷い、そのくせ高すぎる等と巷でよく聞く文句をあげ出したらキリがありませんが、僕の考えは猪瀬さんと同じで、
「予備校で答練を受ける4時間以上の試験対策を、同じ4時間を使って自分で出来ないのであれば、遊んでいるのと同じ」
だということです。
まだ巷には、新司の形式に似せた問題は多くありません。4時間という長い時間の使い方は難しく、その形式に慣れているだけで大きなアドバンテージになると思います。
また、いくら採点が酷かろうが、一応の客観的基準に照らして評価を受け、フィードバックすることは重要です。しかも、それを他人(=採点者)の時間を使って(ゼミなどで検討する時間を要せずに)、行えます。
また、自分の相対的位置を把握することも出来ます。
以上のことを考えると、僕としては、高い金を払ってでも受けた甲斐はあったと思っています。

予備校利用の是非については、異論もあるとは思いますので、以上はあくまで僕個人の意見だということで。
なお、僕は予備校関係者ではありません。


その他
予備校答練に加えて、ゼミであるいは1人で、最近の旧司の問題やローの期末試験の問題を書いていました。


論文の演習については、以上です。
まとまりがなくてすみません。
次は、受講した予備校講座について少しだけ書いてみます。
posted by sun at 15:03| Comment(36) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも大変参考にさせていただいています。

次回の予備校講座で書かれるかもしれませんが、答練の解説は取っていましたか?またその場合の活用方法等もアドバイスいただけると嬉しいです
Posted by cos at 2008年09月26日 18:57
こんにちは。
論文答練は、ほとんどの問題が判例を少々変形させて作られていると聞きます。
そのため、元ネタとなる判例を知っていると
点数が跳ね上がる。予備校の答練ばかり受けると、判例さえコピペできればいいものだと錯覚し、勉強の方向性がおかしくなる、と言われております。

こんな意見についていかが思いますか。
Posted by けんじ at 2008年09月26日 22:53
>cosさん
ありがとうございます。
答練の解説は、テープ渡しという形で取っていました。
そのテープを倍速で聴いて、
高速で復習していました。
予備校講義は、ゆっくりはっきりしゃべってくれるのはいいのですが、
少し長ったらしいな、と思ってしまいます。

特に、活用の仕方として意識していることはありませんでした。
メリハリづけて復習するためのツール、という程度の位置づけです。
Posted by sun at 2008年09月27日 01:00
合格おめでとうございます!通りすがりのロー生です。
新司の過去問を解き始めたのはいつごろですか?
また自主ゼミ等は組んでいましたか?
既出でしたらすいません。
Posted by 通りすがり at 2008年09月27日 01:04
>けんじさん
ありがとうございます。

>予備校の答練ばかり受けると、判例さえコピペできればいいものだと錯覚し、勉強の方向性がおかしくなる、と言われております。

うーん、それは答練の活用の仕方が悪いのではないのでしょうか。
答練は、高得点を取ること自体が目的のものではなく、
あくまで4時間という時間の使い方の練習等、本番の予行演習のために受けるものです。
答練の問題の質や採点の妥当性が気になって、
勉強方法が方向性を誤りそうだと思うのであれば、
受けなければいいだけの話だと思います。
答練を受けなくても合格している人はたくさんいますし。
Posted by sun at 2008年09月27日 01:06
>通りすがりさん
ありがとうございます。
初めて通しで新司の問題を解いたのは、3年の夏でした。
ただ、これは遅いと思います。
既に解説の出そろっているものは、できるだけ早く取り組んだ方がいいと思います。

自主ゼミは1つだけやっていました。
メンバーの答案を検討するというオーソドックスなものでしたが、
大変有意義でした。
ただ、ゼミは運営の仕方を間違えると、
時間を食うばかりで効果が少ない、ということになりがちなので注意が必要です。
Posted by sun at 2008年09月27日 01:10
合格おめでとうございます。

いきなり質問で申し訳ありませんが、要件事実についてはどれぐらいの時間をかけられましたか?
民事系の答案を書くときに要件事実を重視して書かれましたか?
要件事実についてお使いになった本や読んだ回数など教えていただければ幸いです。
Posted by 悟空 at 2008年09月27日 06:07
いつも参考にさせております。
このたびは、超上位で合格されておめでとうございます。
抽象的な質問で申し訳ありません。
判例集・教科書で勉強されたとありますが、
判例集については、裁判所の事実の着眼点、事実の評価の仕方などを意識して学習されたとありますが、基本書の方も同じでしょうか。
基本書の場合、脳の働き方ていうのか、何を意識しながらお読みになっているのでしょうか。
というのは、私も、真似させていただいて基本書を読みますが、ただ「読んでいるだけ」になり、とくに頭に入るという感じがしないためです。
Posted by TOM at 2008年09月27日 07:52
答案上の表現として、『思うに』とか『この点』とかってターム使いました?

うちのローの教授が、そういう言葉使ったら本試験で減点されるって言ってたもんで…

そんなことありませんよね?
Posted by 便乗質問人 at 2008年09月27日 08:26
初めてコメントさせていただきます。
上位での合格、おめでとうございます!


当方、ローの三年生なのですが、民事訴訟法の論文対策に困っています。
ロースクールの既習者試験のために、レックの論文の森を勉強して挑んだのですが、問題を解いたのはそれくらいでして、学校の民事訴訟法もあまりしっかりしているとは言い難い状況です。

そこで、泣く泣く旧司で勉強しようかと思っているのですが。。。
お勧めの問題集など、民事訴訟法の実力の伸ばし方がございましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。
Posted by くろすけ at 2008年09月27日 09:41
sunさん、はじめまして。
合格おめでとうございます!
とても参考になる記事をたくさんありがとうございます。
私も知財選択なのですが、選択科目は基本科目に比べて情報も少なく、勉強の仕方に悩んでいます。もしよろしければ、知財について、sunさんがとった勉強法など教えていただければ嬉しいです。


Posted by sono at 2008年09月27日 12:54
>悟空さん
ありがとうございます。
要件事実は、3年前期の授業を受講しました。
どれくらい時間をかけたか、というのは答えづらいですが、問題研究や類型別の基礎的部分はそれなりにマスターしました。それぞれ3回くらいは読んだんじゃないですかね。
それ以外にも、参考書として30講や「要件事実の考え方と実務」という本を使用していました。

答案では、特に意識していたわけではありません。抗弁だからといって、請求の可否を論じる際には省略する、などということはしていません。今年の問題も、要件事実がストレートに問われたわけではなく、理解が問われたに過ぎないという感じでしたから、それでよかったのでしょう。
Posted by sun at 2008年09月27日 19:37
>TOMさん
ありがとうございます。
基本書(にかかわらず判例集も含めて)はとにかく早く読もうという意識で読んでいました。特に何に注意していたか、といわれると難しいのですが、議論の流れをざっと理解しつつ、重要なポイントを押さえよう、という感じですかね。
基本書を1回読んだだけで全て理解するというのは難しいですよね。何度も読むつもりで取り組まれたらいかがですか。1回目から頭に入れようとして読むのはおそらく非効率的です。
Posted by sun at 2008年09月27日 19:41
>便乗質問人さん
ありがとうございます。
僕は、そのようないわゆる「予備校答案ターム」は使いませんでした。その理由は、そもそも使う必要性を感じないこと、そういう言葉を嫌う先生がいるのにわざわざ使う意味が分からないこと、普通の日本語としておよそ使わない言葉を法律答案に突然使い出すのは何か変だと思うこと、です。
便乗質問人さんのおっしゃるように、そんな言葉を使ったからといって即減点ということはありえないでしょうね。しかし、万一予備校教育に疑問を持つ採点官にあたってしまった場合、「こんな言葉を使う人の答案はダメに違いない」というバイアスが働いて、厳しくチェックされたり、裁量点に影響したりという不利益が絶対にないとは言えない気がします。僕の考えは、要するに、使う必要も意味もないんじゃないかということです。
Posted by sun at 2008年09月27日 19:49
>くろすけさん
ありがとうございます。
僕の個人的な感覚としましては、エントリでも述べた通り、旧司の対策を持ち込むことは有用だとは思えません。過去問をよく検討していただければ、そう感じると思います。
民訴は、出題傾向が読みづらく、何をすれば大丈夫ということは言えない感じです。さらに、今年の問題は、はっきり言って対策不能です。僕は、3年前期までに高橋重点講義を何度も読んでおり、三者間の利益衡量というものの考え方に触れていたことが功を奏した気がしますが、来年はこれでいいのか分かりませんし、3年後期のこの時期から高橋を読み始めるのは大変すぎて非効率でしょう。現在お使いの基本書・判例集を利用して、地道に理解・記憶していくのがいいのではないでしょうか。
Posted by sun at 2008年09月27日 19:55
>sonoさん
ありがとうございます。
知財は、僕の学校の授業が充実していたので、授業を受けながら作ったノートを利用していました。もしそれがなければ、弘文堂のケースブックに沿って、教科書、演習書(弘文堂)をこなして行くと思います(問題は分からないものは解かなくていいので)。その際は、条文にしっかりあたり、要件を確認することが重要です。
Posted by sun at 2008年09月27日 19:58
ご丁寧に、ありがとうございます。
わかりました、それでは、教科書や判例で、基本的な概念・論点をしっかり理解して、他の人との差がつかないことを意識した守りの勉強をしようと思います。

はじめてのコメントにもかかわらず、答えていただき大変感謝しております。
修習も頑張ってください!
Posted by くろすけ at 2008年09月27日 20:29
早速のお返事ありがうございます。

何事も抜かりないところを見習いたいなと思いました。

大変参考になるブログをありがうございます!

記事の更新、とても楽しみにしております。
Posted by 悟空 at 2008年09月27日 21:57
アドバイスありがとうございます。
条文の要件確認をしっかり肝に銘じていきたいと思います。
暗中模索だった知財の勉強に光が見えた気がします。
本当にありがとうございました。
Posted by sono at 2008年09月28日 01:17
たびたびお邪魔してすいません。

再現答案を是非とも読みたいです。
予備校に売ったとしても、ネット上へのアップは何ら法的に問題ないと思うのですが…

厚かましくてすいませんm(_ _)m
Posted by 悟空 at 2008年09月28日 12:06
>sonoさん
ありがとうございます。
特に著作権法については、準用関係が複雑なので、根気強く条文にあたってください。私の場合、今年の問題は「公表」概念について、しつこく条文の準用関係を追いかけたことが、高得点に繋がったと思います。頑張ってください。
Posted by sun at 2008年09月28日 22:43
>悟空さん
前にどなたかのコメントに対して答えたように、再現答案をアップするつもりはありません。

>予備校に売ったとしても、ネット上へのアップは何ら法的に問題ないと思うのですが…

???
何でそのように言えるのでしょうか。契約の詳細をご存じなんですか?
仮に著作権法上の問題は生じないとしても、契約責任を生じさせないとまでは言えないと思います。また、仮に法的責任が生じないとしても、お金をいただいて売ったものをネット上にアップして全世界に公開するのは道徳的に問題があると思っていますのでやりません。
Posted by sun at 2008年09月28日 22:57
超上位合格おめでとうございます。
しかも純粋未修とは凄まじいですね。
勉強方法等、非常に参考になります。

論文の書き方について質問なんですが
どのようにして身に付けられましたか?
何か意識していたことがあれば教えていただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。
Posted by cosmo at 2008年09月28日 23:13
>cosmoさん
ありがとうございます。
論文の書き方は、答案練習で身につけるしかないと思います。
これは、何も予備校答練を受けろと言っている趣旨ではなく、自分一人でも答案を書いてみて、友人、先輩、先生などに見てもらって、法律の文章になっているのか、ということをチェックしていけばいいと思います。別に、このように書け、というような型が必ずしもあるわけでなく、問題の所在の指摘、三段論法を用いての議論、という最低限の体裁を整えていれば、細かいところにこだわる必要はないように思います。
Posted by sun at 2008年09月28日 23:40
なるほど答案練習あるのみですか。
ずっと気になっていたことなので非常にありがたいです。
ありがとうございました。
Posted by cosmo at 2008年09月29日 00:01
論文対策のエントリ大変参考になります。
3点質問があるのですが、
初めに、旧試過去問は有効でないとのことですが、傾向が似てきた最近のものも同じなのでしょうか?
猪瀬さんもやる必要ないとおっしゃってましたが、お二人とも解いておられるので少々心配になります。
次に、高得点論文とそうでない論文との違いはどのようなものでしょうか?
事実の摘示と評価が重要で、それを身に付けるために、判例の事実評価の仕方を参考にするということはよくわかりますが、他に何かありますでしょうか?
最後に、問題文中の全ての法的問題の内、何を書くか。そして、書くものの内どれに重点を置いて書くか。こういう取捨選択力というか見極め力みたいなものを身に付けるには、どのような勉強が有効でしょうか?
長々とすいません。
Posted by 未修1年 at 2008年09月29日 00:12
更新せずに書き込んでしまいました。すみません。
抽象的だと思われる質問は無視してください。
Posted by 未修1年 at 2008年09月29日 00:29
>未修1年さん
ありがとうございます。
ご質問に答えるのが遅くなってしまい、申し訳ありません。

1点目についてです。
まず、僕は、決して有効でないとまでは言い切っていません。それをメインに据えるのは効率的でない、という程度の趣旨です。旧司法試験時代は、過去問を中心に勉強を進めることが王道とされていましたが、新司法試験対策としては、旧司過去問にトッププライオリティーをおくべきではないのではないか、ということです。
旧司過去問は、やはり素材としては非常にいいものですので、時間があるなら是非取り組むべきでしょう。ただ、受験を控えた3年生が、そればかりをやるのはどうかと思います。未修1年さんは、まだ受験までは時間がおありなので、どんどん取り組んで行かれればいいのではないでしょうか。
次の2点につきましては、後日、別の記事でまとめて書きます。ただ、これを書くのは相当に大変なことが予想されますので(これまでなかなか着手できないのはそのためです)、気長にお待ちください。
Posted by sun at 2008年09月29日 00:31
お返事ありがとうございます。
お忙しい中なのに恐縮です。
Posted by 未修1年 at 2008年09月29日 00:36
猪瀬さんブログで、私がモロに問題意識を持っていた記事がアップされていてビックリしました。sunさんもコメントを寄せていらしてましたね。
対策も私が感じていたことだったので、さらにビックリしました。
短答対策のために問題演習を数多くこなしたり判例六法反復などの方法を採ると、確かに短答の点数は上がるかもしれないけど、穴ができるし、事実摘示評価の仕方など、論文で役に立つ知識が学べないから危険だなと感じておりました。
Posted by 未修1年 at 2008年10月07日 00:30
長くなるので分けます。
上の理由から、基本書・判例・条文の大量反復という方法はやはり間違っていなかったのだと安心しました。
また、優秀答案の分析も早めに始めるほうが良いと感じて、まさに先日始めたばかりだったので、これにも安心しました。

なんか、単なる感想を勢いで書き込んでしまってすいません。
上にあるように自分で分析を始めましたが、やはり、結果を残されている方が考える高評価ポイントも参考にしたいので、論文対策記事をお待ちしております(別に急いではいません)。
Posted by 未修1年 at 2008年10月07日 00:42
>未修1年さん
僕も、まさにそのように感じておりました。そして、それを実行に移してきたわけですが、少なくとも僕に関しては、その方法は間違っていなかったのでしょう。
未修1年さんのように、1年次から非常に熱心に、かつ効率的に勉強をされている方は、そうはいないでしょう。このまま続けられれば、間違いなく上位合格できると思いますよ。頑張ってください!
Posted by sun at 2008年10月07日 18:20
再現答案が発売された暁には、〜ページが私のですと告知するようなことはありますか?
客観的に見てどの答案が優れてるか、は一受験生からは短時間では判断がつかないので、もしされないようでしたら他の予備校出版のと見比べて買おうかなと思っております。
あつかましいようですが是非、発売の際にはお願いしたいものです。
Posted by cos at 2008年10月08日 12:50
ありがとうございます。
sunさんを目標に一桁合格を目指しているので、後に続けるように頑張ります。

あと、余計かもしれませんが、辰巳の再現答案は、毎年各系統と総合の点数、並びに、大まかな順位(ex.10位以内)が載ります(たしか)。
Posted by 未修1年 at 2008年10月08日 21:45
>cosさん
告知はしません。未修1年さんのおっしゃる通り成績が掲載されますので、その必要もないでしょう。どうぞ、他のものと見比べた上で買ってください。
Posted by sun at 2008年10月10日 23:28
>未修1年さん
僕に代わって答えていただき、ありがとうございます。未修1年さんなら、きっと可能ですよ。道のりは苦しいと思いますが、頑張ってください!
Posted by sun at 2008年10月10日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107168582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。