2008年07月31日

僕の採ってきた勉強方法(総論)

これからは、僕が新司法試験の勉強をするにあたって、実際に行ってきた工夫について書いていきます。今回は、その総論的なことを。

勉強方法の考え方については、先日紹介したFootprintsというblogで、非常に分析的に書かれています。僕も総論的にはこの方の書かれる通りだと思います。そこで、当blogでは、この方の考えの総論部分を大幅に参考にさせていただいた上で、若干の僕の考えを書かせていただきます。
なお、Footprintsさんでは、「方法論を考える」と、「論文力(1)〜(5)」というエントリーで書かれてありますので、まずはそちらをご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/redips/20071011/1192067037
http://d.hatena.ne.jp/redips/20071012/1192116169


まずは、何をもって「勉強の成果」が出た、と捉えるかについてですが、新司法試験の合格を唯一無二の目標とする当blogでは、「テスト(ローの試験、模試)の点数」だと考えます。勉強の成果を「知識量」や「議論の強さ」などという数値で測れないもので捉えてしまいますと、司法試験合格という目標に対しての自分の現在地点を正確に知ることはできませんし、また、自分の勉強方法の妥当性について真摯に反省する機会を失ってしまいがちです。新司法試験でも、短答と論文の結果を点数化した上で合否が決められていますので、普段の勉強においても、テストの点数を勉強の成果の指標とすべきです。
そこで、当blogでは、勉強の成果=点数を測るためになるべく多くの試験を受けることをオススメします。自分の方法論の正しさをモニタリングするためには、テストの点数という数値を見ていくしかありません。短答式については、少なくとも9月、12月、3月のTKC模試と4月の短答模試を、論文式については、各ローの期末試験に加えて、各予備校の答練、直前模試を受けていった方がいいと思います。模試を受けることで、試験慣れして、試験に関する「能力」を上げることもできますしね。

以上を前提として、当blogでは、勉強の成果(点数)を導く公式を、
勉強の成果(点数) = 能力 × 勉強時間 × 効率
と考えたいと思います。以下では、そのそれぞれについて若干の説明をします。

まず、新司法試験で要求される能力としては、短答・論文に共通するものとして、記憶力、事務処理能力、読解力、論文に要求されるものとして、問題分析力、文章表現力、筆力があると思われます。(その他の要素もあるかもしれませんが、とりあえず今思いつく限りで挙げました。)これらは、各人の素質によるところが大きいかもしれませんが、後天的に鍛える余地も十分にあると思います。

次に、勉強時間が多ければ多いほど点数が伸びるというのは当たり前ですね。時間の有効活用という点については、既に多くの書籍などで書かれています。

最後に、効率については、さらに方法論と集中力という要素に分けられると思います。いくら勉強時間を増やしても、方法論がまずければ成果は上がりませんし、また、集中力がなければ知識などの定着率は上がりません。

以上をまとめると、勉強の成果(点数)を上げるためには、能力、勉強時間、効率という要素を最大化する方法を考えた上で、後はそれをひたすら実行すればいい、ということになります。(ただ、「ひたすら実行する」ということは「言うは易く行うは難し」ですので、実行力という要素を付け加えてもいいかもしれません。)


※10月31日追記
申し訳ありませんが、各論の記事は書かないことにします。その他の記事で代用ということにします。
posted by sun at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまたまこちらにたどり着いたところ,拙ブログのことを取り上げていただいていたので,思わず反応してしまいました。
大変持ち上げていただいて恐縮です。
あと少しで発表とのことですが,よい結果であることをお祈りしています。
Posted by redips at 2008年09月05日 23:36
>redips様

コメントありがとうございます。
blogの記事を勝手に引用させていただきました。申し訳ございません。合格発表後、事後報告をさせていただこうかと思っていたのですが、先に見ていただくことになってしまいましたね。

試験前には、redipsさんのblogを何度も読ませていただき、勉強法を参考にさせていただくとともに、大変勇気づけられました。
何とか僕もredipsさんに続ければと、祈るばかりです。
Posted by sun at 2008年09月08日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。