2008年09月29日

お願い&今後

最近、あまりにもコメントが多くて、少々当惑しております。
注目していただき、コメントをいただけるのは光栄なことですが、
全てに応えていると実生活にも影響が出そうなので、
これからは数日に1回、(応えられるものには)まとめて応える、
という形で対応していきたいと思います。
返事が遅くなるかもしれませんが、ご了承ください。
また、質問をくださる方は、
ご自分の状況(たとえば、未修1年目、等)を明らかにした上で、
できるだけ具体的に質問していただけると助かります。
抽象的な質問に答えるのは非常に時間がかかりますし、
他の記事との重複も生じますので、
答えられるものに対しては時間を見つけて記事にしていく、
という形で対応させていただきます。
ただし、その際には、書きやすいように
こちらでテーマを微妙に変えさせていただくかもしれません。
あと、できれば他の記事やコメント対応などを見た上で、
質問をしていただけると助かります。


今後は、とりあえず要望があった
・聞いた予備校講義の感想
・論文試験の際に注意していたこと
と、
・ずっと前に書きかけていた連載記事の続き
(ただし、こちらは気が向いたら)
について書いてみます。
とりあえず修習開始を一区切りとしようと思っています。
その後は、このblogの継続も含めて未定です。
posted by sun at 00:05| Comment(18) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

演習書について2

僕の使用した論文の演習書について書いていきます。
論文対策の方法論は、人によって全く異なりますし、
唯一絶対の方法論があるというわけでもないと思います。
あくまで僕の採ってきた勉強方法の紹介だということで書いていきます。

続きを読む
posted by sun at 15:03| Comment(36) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使用した演習書について

僕は、2006年度の旧司法試験と2008年度の新司法試験を受験しまして、
そのそれぞれに向けて試験勉強をしてきました。
そこで感じたのは、両者で求められる能力は微妙に異なる、いうことです。
ですので、旧司法試験での方法論をそのまま新司法試験に持ち込む、
というのはあまり得策でないように思います。
以下では、上記の観点から、どのような点に主眼を置いて
勉強をしていけばよいか、演習をしていけばよいか、
ということについて書いてみます。

続きを読む
posted by sun at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

新司成績通知書

成績通知書が届きましたので、うpします。
これが、最後の勉強記録です。

新司総合結果.jpg

論文式
公法系 146.03
民事系 220.84
刑事系 162.67
選択科目(知財) 78.40
論文合計点 607.95
論文式順位 2位
総合評価 1374.92
総合順位 2位


十分満足できる結果が取れました。
特に飛び抜けてよくできた科目はないものの、
全体的にまんべんなくよくできた結果、
総合点でいい結果となりました。


さて、勉強方法については、
どうも自分が書こうと思っていたことは
すでに多くの書籍に書かれていることだったりするので、
書くモチベーションが下がったりしています。
ですので、気の向く限りで書いていこうと思いますので、
あまり期待しないでください。

ただ、私自身も合格者blogにはものすごく助けられましたので、
その善意を繋ぐという意味もこめて、
ご質問・ご要望には可能な限り応えていきたいと思っています。
ですので、何か質問がある方はコメントしてください。
修習が始まるまでは、可能な限り応えさせていただきたいと思います。

それでは、次回は、先日質問をいただいた、
演習書について書いてみます。
posted by sun at 01:50| Comment(18) | TrackBack(0) | 新司を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

出題の趣旨 雑感

新司法試験の出題の趣旨がようやく公表されましたね。
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h20kekka01-8.pdf

早速自分の答案の筋と比較してみます。

憲法
やはり、検閲・事前抑制は不要だったようだ。
しかし、試験委員の求めていることが多すぎ、難しすぎてワロタ。
そして、謎なのは以下の記述。
「求められていることは、上記の問題点を全て挙げることではない。…(受験生が)重要であると思う複数の問題について、説得力のある主張を展開することが求められている。」
こうあるくせに、「試験委員が重要であると思う問題」には高い配点が振ってあり、
それでばっちり合否をつけてくる。
訳分からんことを書く前に、採点基準を公開しろ、と言いたい。
自分の答案は、拾えているものも拾えていないものもあるが、
評価不能だ。

行政法
設問1
そこそこできた?民事差止めは思いつかなかった。

設問2
雑ながらもそこそこできた?

民法
設問1小問(2)の「売り主に目的物の所有権の登記が求められること」を書き落とした以外は、よくできたっぽい。

会社法
難しすぎ。笑うしかない。
設問1、株式交換の問題点の指摘が不十分。
設問2、乙社に対する責任追及の手段の摘示が不十分。
おそらく、8科目中最も出来が悪い。
が、全受験生の出来も最も悪いのだろう。

民訴
途中の書きっぷりに不安は残るが、出題趣旨は外していない。

刑法
概ねよし。余事記載は多いが。
ただ、最後の罪数・共犯の成立範囲で、
筆が滑って余計なことを書いてしまったため、減点されたと思う。

刑訴
設問1、321条1項3号の解釈、要件該当性に絞って書いて欲しかったのね。
余計なこと(伝聞証拠該当性、323条3号)をたくさん書いた上、
解釈論、事実の摘示・評価でも不十分かも。
その他、再伝聞は問題なし。
設問2は問題なし。
やはり現行犯逮捕、差押えは不要だった。

知財
特許
設問1で、専用実施権の登録の有無で場合分けは不要だったようだ。
これはラッキーだったとしか言いようがない。
その他は、大外しも大当たりもしていない感じかな。

著作権
38条4項を落とした以外は、概ねよし。
というか、38条4項落としが痛すぎ。


改めて見てみると、司法試験の難しさを感じる。
特に憲法、これは本当に訳が分からん。対策不能。恐ろしいの一言だ。
来年受けなくていいのが本当に嬉しい。

うちの実家に成績通知書が届くのは25日かな。
待ち遠しい。
posted by sun at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 新司を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

成績通知発送日

いつ成績通知書がくるんだ、と気になって2chを見ていると、
22日(月)に発送される旨の掲示が、合格発表の掲示板にあったとのこと。

そういえば、掲示板の写真を撮ったな−、と思い写真を見返してみると…
あった。

成績通知書発送日.jpg

22日発送で間違いないようだ。
そうすると、僕の実家に届くのは24日以降か。
はあ、長い。
posted by sun at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

一夜明けて

発表から一夜明けました。
昨日は大して飲まず、割と早めに寝ましたので、
今日は若干眠いと言うことを除けば、二日酔いなどなく元気です。

合格発表は、法務省まで見に行きました。
これまで支えてきてくれた彼女と一緒に。
一昨年の旧司法試験でも一緒に発表を見に行ったのですが、
そこでは本当にがっかりさせてしまったので、
今回は何としてもそのリベンジを果たしたかったのです。

自分の番号と名前を見つけたときは、嬉しいと言うよりも
本当にホッとした、という感じでした。

これまで、家族・親族、彼女、彼女のご両親、先生方、友人など
本当に多くの人に応援していただきました。
その方々の気持ちに何としても応えたい、と強く願っていました。
ですので、合格を確認した瞬間よりも、その方達にいい報告をし、
お祝いの言葉をもらった時の方が格段に嬉しかったです。

また、経済的、年齢的にも来年もう1度試験を続けるという環境を整えることは困難でしたし、
正直やりきった感があったので、来年までモチベーションを維持することは無理だと感じていました。
そういうこともあり、落ちたら撤退も含めて考え直すつもりでしたので、
とりあえずの悩みがなくなり、胸のつかえが取れた感じがします。

さて、今回何とか合格できたとはいえ、
これは単にスタートラインに立つための資格を得たにすぎません。
これからが大事。
これまで通り、努力を続けていかねばなりません。


なお、合格発表の日の朝に、入籍しました。
ですので、上記の「彼女」は「妻」と書くのが正確でしたね。
入籍も含めて、合格を前提に様々なことを行ってきたので、
発表前のプレッシャーは相当でした(笑


なお書きの2つめですが、
成績表は、届き次第うpしたいと思っています。
予備校模試の結果と付き合わせていけば、
来年以降の受験生の参考になるのではないかと思います。
僕自身も、成績を上げてくれているblogは参考にさせてもらったので。
また、勉強方法の続きは早い内に書き上げたいと思っています…。
posted by sun at 11:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

結果

無事合格していました。

今まで支えてきてくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

これから食事に行きます。
posted by sun at 17:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

あと40時間位で発表だ

どうも落ち着かない。
結果待ちの受験生は皆同じだと思うけど。

試験準備、試験本番を振り返ると、
「あれだけ勉強したのだから、俺が…(ry」
というのが一番の思いだ。

最近は、時間の進みが遅いように感じる。
とにかく早く結果を知りたい。


ところで、星野氏はWBCの監督を受けないとの意志をblogで表明したようだが、
その言い分が本当に醜い。
( ttp://hoshino.ntciis.ne.jp/index.html
なお、全文引用されているblogとして
ttp://kirik.tea-nifty.com/diary/2008/09/post-c901.html )

 たとえあったとしても、いや、ないんだけれど、こんな世論やメディアの状況のなかでやったとしても決して盛りあがらんし、そういう支持がなかったら成功なんかするわけがない。今、火ダルマになっているおれがなんでまた“火中の栗”を拾うようなことをするのか。


…?
これを読むと、「周りが騒がしいから受けられない」と言っているようにしか見えない。
あの惨敗結果からすれば、「現在の自分の力は、監督としてふさわしくない」
というのが正しいのでは?

オリンピック後の会見や産経新聞への寄稿を見ても、
批判するメディア等に対する文句は述べつつも、
自分の能力不足について述べている様子は見あたらない。
自己保身の言動に終始する姿は本当に見苦しい。

この人は、いつの間にか偉くなりすぎてしまい、
人の意見に謙虚に耳を傾けることができなくなってしまったのだろうな。
今日友人とも話していたのだけれど、
星野氏を見てると、人間は偉くなり方が重要だとしみじみ思う。

僕は、将来偉くなれるかは知らないが、
少なくとも明後日受かっていれば、
今(=ただのニート、ごくつぶし)よりも随分マシな状態にはなる。
(マシとは言っても、ただ社会人になれる資格を得られるというだけで、
全然たいしたことはないのだけれど。)
こんな人間にならないよう、常に謙虚でありたいものだ。
posted by sun at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。