2008年06月04日

辰巳の論文再現依頼キタ

先日の記事で書いていた辰巳の論文再現依頼がようやく来ました。
せっかく書いていたのに、依頼が来なかったら全て無駄になってしまうわけで、
結構気をもみました。

というのも、パンフレットには選考方法などは一切書かれていないので、
応募者の中から択一の結果と模試の結果で選ぶんじゃないか、
と単純に思っていたのですが、
どうも一般募集は優秀者再現の「補欠選考」だったようでして、
要するに、辰巳が予め依頼していた優秀者再現で不足する場合に、
一般募集に応募してきた人を採用する、
というシステムを採っていたようなのです。

もちろん、予備校側は大量に再現の応募があるというリスクを避けるために、
そのような採用システムを採るのは当然のことかもしれませんが、
応募者には、そのことを伝えるべきではないか、と思うのです。
ちゃんとした再現答案を書くためには、
試験が終わってからできるだけ早いうちに取り掛からねばならず、
必然的に、依頼が来るものと考えての見切り発車となります。
それなのに、この時期に不採用を出されたら、
他の予備校の募集はとうに締め切られているので、
作成作業は(金銭的には)無駄になってしまいます。
再現の作成は、かなり大変な作業なので(試験時間よりも長くかかります)、
それが無駄な作業だったということになったときには、
相当なショックだと思います。
辰巳は、せめて受験生の予測可能性を確保するために、
事前にどのような採用システムを採っているのかを
示しておくべきだと思うのです。
あの募集の仕方でこれでは、不誠実との謗りを免れないのではないでしょうか。

参考
2chスレ 【この後】 新司法試験 雑談スレ 【どう過ごす?】
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1211176655/

続きを読む
posted by sun at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。