2008年06月25日

2ch評価

2chスレで、僕の再現構成が検討されていました。
思いのほか高評価をいただき、
とてもホッとしています。

結果が出たら晒させていただきますので、
ご期待ください…。
posted by sun at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

blog整理

長崎での修習生の守秘義務違反(?)事件を受けて、
自分のblogを読み返してみました。
もちろん僕のblogなどで守秘義務違反が問題になることはありませんが、
学校関係の記事を一部削除、修正することにしました。

まず消したのは学校に対する不満を述べた記事です。
その記事を書いた当時は試験のことでいっぱいいっぱいで、
実際にそのように感じてはいたのですが、
それは今の考えとは合いませんし、
(当時はいろいろ不満もありましたが、
今は真面目に取り組んでよかったと思っています。)
それを見て不快に思う方がいらっしゃるかもしれないからです。

また、ついでに学校の成績について言及している部分も削除しました。
それを残しておいたところで、
今更何らかの不利益があるとも思わないのですが、
まあ、何となくです。
それほど有益な情報とも思いませんし。

ただ、予備校答練関連の記事はすべて残してあります。
来年の受験生が答練を受けた際に、
答練でどの程度の結果を残していれば、
本番でどの程度の結果を出せるか、
という点で参考にしていただけるのではないかと思うからです。
実際、僕にとっても成績を示してあるblogは
大変参考になりました。
そういうわけですので、このblogも新司の結果を載せるまでは
続けたいと思っています。
posted by sun at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

近況

上京してから10日ほどたちました。
就活を細々やっとります。
これまでで大体応募したいと思ってたところには
エントリーしました。
個別のお誘いをいただけたところもあれば、
早速のやるおメールをいただいたところもあり、です。
来週から、本格的に説明会への参加が始まります。

就活まっただ中ということで、
今までまともに読んだことのない就活本を読んでみようかと思い、
ブックオフをのぞいてみました。
そこで見つけたのがこの本。
間違いだらけの就職活動
財部 誠一 (著), 和田 秀樹 (著)
(105円で買ったのだけど(笑)
この本のキーワードは「しっかりと目を見開いた就職活動」(後書きより)。
会社を知り、そして自分を知り、地に足ついた就活をしましょう、ということ。
これから就活を迎える大学2年、3年生は
是非読んでおくべき本だと思いました。
ロー進学を迷っている学生にとってもいろいろ参考になるのでは。
そして、法律事務所への就活をしている僕にとっても
面白く読める本でした。
105円の価値は十分ありw

その他に読んだ本の一部を紹介。

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本
小宮 一慶 (著)
http://etc-etc-etc.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_bd33.html
こちらで紹介されていた本です。
タイトルからすると、お気楽な入門本なようにも見えますが、
決してそんなことはないです。
わかりやすくは書かれてありますが、
予備知識の乏しすぎる僕には、
よく分からぬまますっ飛ばした部分もありました。
もう1回読んでみようかと思っています。

結納・結婚しきたり事典
彼女のご両親に挨拶に行く電車の中で大慌てで読んだ本。
結納・結婚って真面目にやるといろいろ面倒なんですね(笑
posted by sun at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

択一結果の通知

択一結果の通知が届きました。
自己採点通りです。
「受験地」に「受験会場名」を書くというポカは、
スルーされたようですね。
大丈夫だとは思っていましたが、ホッとしました。
(これに気づいたのが択一公法系の試験中で、
かなり動揺してしまいました。
これがなければケアレスミスもなかったかも、
と無意味なタラレバを考えてみたりして…)

実家に頼んで、スキャンを送ってもらったので、
また晒したいと思います。

択一結果.jpg

取り急ぎ報告まで。
posted by sun at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 新司を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

択一通知未だ来ず

僕は地方受験者なのでまだ択一結果の通知は来ていません。
明日、実家に届くことを期待して、今日は寝ます。

不思議なもので、試験が終わってしまうと、
あれほど入れ込んでいた試験のことは
あまり興味がなくなってしまいました。
勉強はしたいのですが、
司法試験科目の勉強には全く興味がわかず、
今は法学教室の後ろの方に載っている、
新司とは無関係の科目をダラダラ読んでいます。
特に不思議なのは…、道垣内先生の連載。
何というか、blogを読んでいるような錯覚を覚えるようなものでしたね…。
まあ、おもしろくはあるんですけどね。

択一の結果が届いたら、また晒したいと思います。
就活については、具体的なことを書くつもりは
今のところはないです…。すみません。
posted by sun at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新司を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

新司が終わって3週間、燃え尽き状態では何もできない

新司が終わってから、これまで行ったことを挙げてみようと思いましたが、
あまりにショボい生活を送ってるのを晒してしまうのも何なので、
やめておきます。
有益なことはあまりしていませんし、かといって、激しく遊ぶでもない、
微妙な生活だったとだけは言っておきます。
(ただ、睡眠時間はなぜか受験前よりも少ないです。そして、2chもようやく飽きることができました!)
試験中には、あれほどやりたいことがたくさんあったのに、
試験が終わったとたんに興味が失せてしまいました。
本当に燃え尽き症候群ですな。

ただ、明日から(友達を訪ねつつ2日かけて)上京しますので、
もっとマシな生活が送れるのではないかと期待です。
勉強も始めようと思っているので、
また記録してみたいと思います。
なお、東京では彼女の家に転がり込んで内縁(笑)となります。
紐ともいえるのかもしれませんがね…。
posted by sun at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

短答全体結果発表

法務省で短答試験の全体結果、及び解答が発表されました。
(個人の結果通知はまだです。)
僕は、この記事で書いたように、
マークシートの「試験地」に地名を書くべきところを、受験会場名を書く、
という愚かしいミスをしていたので、
それがどう扱われるか非常に不安に思っていました。
結果を見た限りでは、民事系の最低点が0点とはなっていないので、
そのミスはスルーされたんじゃないかと考えられ、
ちょっとだけホッとしてます。

さて、自己採点をしました。
民事系:141点
公法系:82点
刑事系:88点
合計:311点

先の自己採点から、公法系で2ch解答が誤っていたので−1点、
刑事系で採点ミスをしていたので+2点、変動しました。
この点数で順位は77位(同点に18人、全体の1.51%)です。
なお、足切りが230点、足切り後の平均点が267.9点でした。

去年よりも足切り点、足切り後の平均点はそれぞれ20点ほど伸びています。
公法系で部分点がつきやすくはなりましたが、
問題の難易度的にはそう大きくは変わらなかったところをみますと、
受験生全体のレベルが上がっている気がします。
去年までは280点が「安心ライン」と言われていましたが、
今年からは300点を取らなければそうはいえませんね。
個人的にも、あれだけ択一に労力を割いたのですから、
相対的にもう少しいい位置にいてほしかったです…。
ちょっと高望みしすぎかもしれませんが。

どうでもいいのですが、
最近やたらと「7」という数字に縁があります。
今回の択一の結果が77位で、
先日バイクのナンバー変更でもらった新ナンバーが「7777」。
これは幸運の予兆なのでしょうか。
それとも運の無駄遣い?
宝くじでも買ってみようか…。
posted by sun at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新司を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

辰巳の論文再現依頼キタ

先日の記事で書いていた辰巳の論文再現依頼がようやく来ました。
せっかく書いていたのに、依頼が来なかったら全て無駄になってしまうわけで、
結構気をもみました。

というのも、パンフレットには選考方法などは一切書かれていないので、
応募者の中から択一の結果と模試の結果で選ぶんじゃないか、
と単純に思っていたのですが、
どうも一般募集は優秀者再現の「補欠選考」だったようでして、
要するに、辰巳が予め依頼していた優秀者再現で不足する場合に、
一般募集に応募してきた人を採用する、
というシステムを採っていたようなのです。

もちろん、予備校側は大量に再現の応募があるというリスクを避けるために、
そのような採用システムを採るのは当然のことかもしれませんが、
応募者には、そのことを伝えるべきではないか、と思うのです。
ちゃんとした再現答案を書くためには、
試験が終わってからできるだけ早いうちに取り掛からねばならず、
必然的に、依頼が来るものと考えての見切り発車となります。
それなのに、この時期に不採用を出されたら、
他の予備校の募集はとうに締め切られているので、
作成作業は(金銭的には)無駄になってしまいます。
再現の作成は、かなり大変な作業なので(試験時間よりも長くかかります)、
それが無駄な作業だったということになったときには、
相当なショックだと思います。
辰巳は、せめて受験生の予測可能性を確保するために、
事前にどのような採用システムを採っているのかを
示しておくべきだと思うのです。
あの募集の仕方でこれでは、不誠実との謗りを免れないのではないでしょうか。

参考
2chスレ 【この後】 新司法試験 雑談スレ 【どう過ごす?】
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1211176655/

続きを読む
posted by sun at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

自己紹介

今日、異常なアクセス数を出してると思ったら、
どうやら2chに晒されたようで。
僕のblogもついに2chに晒されるだけの価値のあるblogになったということでしょうか。
はじめまして、みなさん。
つまらないblogですが、よろしくです。


せっかくなので簡単な自己紹介を。
理系卒、平成17年未修者としてローに入学。
入学当時はいわゆる純粋未修でした。
受験歴は、
平成18年旧司不合格(択一51点、論文総合C)、
平成20年新司結果待ち、です。
予備校講座は合格者講義や数時間の集中講義は結構たくさん受けました。
これについては、機会があれば感想など書いてみたいと思います。

よく聞かれたのは、
「何で未修なのに旧司受けるの?」ということです。
その理由は、第一は、新司を3回受けるだけの経済的、精神的余裕がないこと、
第二は、旧司にたとえ受からなくても、一度試験に向けて本気で仕上げるという体験は必ず新司に活きると思ったこと、特に論文まで行ければ試験委員の採点を受けられること、
第三は、万一受かれば、1年早く実務に出られること、です。
僕が入学した当時から、3期既修が最強だ、ということは言われていました。
その人たちに追いつき追い越すためには、普通の勉強をしているだけでは無理だろう、と思い、
ロー1年目の7月に、翌年の旧司受験を決意したのです。
(なお、受験することは周りには秘密にしていました。
一度、同級生に「旧司を受けたいと思ってる」というような事を言ったところ、
「えー、何勘違いしちゃってんの、この痛い子はーwww」
的な事を言われバカにされたので(ちょっと誇張あり)、
下手に言いふらすと陰でいろいろ噂されそうなのが嫌だったからです。
世の中には、人がリスクをとって本気で頑張ろうとしていることを
鼻で笑う人もいるのです。)

と、まあこんなところでしょうか…。
posted by sun at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。