2008年01月26日

合格者減、(゚Д゚)ハァ?

○ようやく最終講義がオワタ\(^o^)/
補講が若干あるけど。
全く感慨はないなー。
これであとは期末試験のみだ。

そんで、引っ越すことが決まった。
2月末にこちらを引き払って、
実家に帰らせていただきます。
ここには3年住んだけど、いい街だった。
あんまり街を見て回れなかったのがほんと残念だ。


○最近のニュースでちょっと気になったことを少し。
司法試験合格者「年3000人」見直しも・法相、3月までに研究会
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080125AT1G2501825012008.html
 鳩山法相は司法修習の修了試験の不合格者が増えている問題にも触れ、「数が増えれば、質の問題に影響する。規制緩和、自由競争という概念で法曹の数を考えるのは間違っていると思う」と話した。

この手の議論は聞き飽きた感がするね。
「質の低下」って、そもそも「質」って何ですか、
それは合格率を絞れば確保できるものなんですかと。
こういう話は、「近頃の若い者は…」というのと
何ら変わらん気がするけどね。馬鹿馬鹿しい。
他にもいろいろ書きたいことはあるけど、
こちらのブログ(新60期の方)で
既に書かれているので、リンク張らせていただきます。

ttp://blog.livedoor.jp/eiji_inose/archives/50800580.html
ttp://blog.livedoor.jp/eiji_inose/archives/51311645.html

(まあ、上で文句いっときながら何だけど、
個人的には合格者数は少ないほうがいいと思ってる。
試験合格と就職その他の競争のどちらで苦労するかの話で、
僕としては、努力が結果に結びつきやすい
試験で苦労したほうがマシだと思うから。
(僕は寄り道してる分、若手ではないから、
受かってもたぶん就職で苦労すると思う。
まあしゃあないけどねー。))


そんで次は弁護士就職難の話。
http://www.mbs.jp/voice/special/200801/22_11673.shtml
上記の記事をいい加減に要約すると、
苦節20年弱でようやく司法試験に合格!
しかし、弁護士事務所に就職できず。
しゃあないから独立開業。
でも、毎月20万円の赤字が…。
来年も弁護士やってられるのか!?

という感じ。

こういうの見て思うのは、
何でそうまでして「弁護士業」にこだわるのか、ってこと。
そんな赤字を出してまでやることなのかね。
バッジがあれば、一定の知識・能力(社会で求められてる能力かは疑問だけど?)
があることは担保されてるんだから、
それで企業の法務部とかをあたってみればいいのに、と思う。
まあ、もはや後には引けないんだろうね。

あと、この人。
何で、大阪(たぶん)なんかで開業してんの。
ただでさえ、弁護士が余ってるところなのに。
地方に行けば、弁護士過疎で仕事はいくらでもありそうなのにさ。
何より、こんなテレビに出るなよな。
「私は就職もできなかったかわいそうな弁護士です」
なんて宣伝しちゃった奴のところなんかに
相談に行く奴いねーだろ。
あとさ、そんな哀れな姿をテレビに晒したら、
弁護士の社会的評価が下がっちゃうじゃねーかw
posted by sun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

寒い

○まずは、すた論選択科目(知財)の結果記録
知財1
第1問:37/50 ave. 22.9 
第2問:25/50 ave. 20.9 
合計:62/100 ave. 43.5
暫定順位:5位/59人

知財2
第1問:48/50 ave. 24.3 
第2問:37/50 ave. 20.5 
合計:85/100 ave. 44.8
暫定順位:1位/54人

知財1はイマイチだった。
著作権は、もうちょっとよかったと思ったんだけど、
伸びなかった。
RGBアドベンチャー事件判決の規範を覚えてなかった点は、
がっつり減点されてしまったし。
やっぱこういう重要判決の規範はしっかり覚えんとなー。

知財2は相当よかったね。
暫定2位が68点だったから、結構ぶっちぎりだ。
とても気分がいいね。
まあ、特許で直前に勉強したところが出たという
ラッキーな要素を含んでるから、
喜んでいてもしゃあないんだけどね。

知財は、とりあえずは放置しといて、
期末試験終了後に一通り回したい。
対象は教科書(特許は高林でOK、著作権はいいのがないね、困った)、
ケースブック、授業で取り扱った問題で十分すぎるかな。
それをゼミ等で作ったノートに加減筆して
まとめておけば、完璧かな。
これを2月中にやっとけば、
あとは4月終わりくらいまで放置しといて、
直前期に見直せばまあよかろう。

今回のすた論の結果を見ると、
知財は、全体的にレベルが低いと思う。
範囲が膨大な分、手が回ってない受験生が大多数だということだろう。
ここで他の受験生に差をつけたい。

○最近出た講義 民事訴訟(藤田広美著)を買った。
この直前期に。
民訴は総研の民事訴訟法講義案で行くつもりだったんだけど、
これが無味乾燥すぎて、読んでも頭に残らない。
つーか、読みながら気を失いかけたこと多数。
だから、コンパクトにまとまっていて、
ある程度面白く、印象に残るような本が欲しいと思ってたところ、
ネットではこの本の評判がいいようなので買ってみたわけ。
2月にはまた民訴の週が始まるので、
そこで早速読んでみよう。
気が向いたら感想などを書くかも。

他にも何冊か買ったけど、それについてはまた今度。
posted by sun at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

やる気減退期

○すた論の結果記録。
刑事系2
第1問:65点 ave. 49.3 @東京・横浜
第2問:70点 ave. 48.0 @東京・横浜
合計:135点 ave. 96.8 @東京・横浜 (あからさまな誤記を修正)
暫定順位:22位/508人

結構できたと思っていたのに、
大して振るわなかったよ…。
まあ刑訴は論点落としをしちゃったからやむをえんけどね。
これは反省。
刑法は、なぜ伸びなかったんだ。
ちょっと採点が厳しすぎる気がしないでもないが…。
まあ、厳しくチェックされたほうが
ありがたいので、これ以上文句は言わんようにしとこう。
反省します。

あと選択科目が返却されれば、
すた論第1クールは終了。
この後は、2月中旬から第2クールが始まることになる。
ここでは、毎回上位3%以内を目指そう。

○タイトルの通り、
ここに来てやる気が減退してきてしまった。
原因は明らかに、学校が始まったことだと思う。
何か無駄に疲れるんだよね。
終わったあと、気分が切り替わらなくて困る。
まあ全て自分の意思の弱さが原因だけど。
早く学校は終わって欲しい。
あと正規の授業が3コマと、期末試験が4科目…。
2月の第2週まで期末試験があるよ…。
あんまり学校の文句は言いたくはないんだけど、
やっぱり鬱陶しい。
高校3年のときはこんな気分じゃなかったと思うけどな。
年取って心に余裕がなくなったのかな。

○そのやる気のなさをぶっ飛ばして、
モチベーションをうpさせてくれることを期待して、
この本を読んでしまった。

弁護士の就職と転職―弁護士ヘッドハンターが語る25の経験則

まだ受かってもないくせに、
もう弁護士気取りか、( ´,_ゝ`)プッ
と思われるかもしれないけど、
一応ロー生や学部生向けでもあるらしいです、この本。
いくつかの実務家ブログで取り上げられていたこともあって、
気になって買ってみた。
今、仮に合格できても超就職難だとか言われてて、
我々ロー生にとっては先行きが全く不透明。
こんなんじゃ勉強やる気も起きないので、読んでみたわけ。
この本は、著者も書いておられるとおり、
ハウツー本ではなく、
弁護士のキャリア形成についてひたすら問題提起をする本で、
実際に、「こういうキャリアにはこんなうまみがあるみたいだけど
こういう問題点があるぞ」的なことが
つらつら書いてあった。
どの道を選んでも大変だ、という当たり前のことを
再認識させられただけではあったけど、
何というか、視野は広がったと思う。
少なくとも、受かった後
周りに流されない就活ができるんじゃなかろうか。
その意味で読んでよかったと思うし、
モチベーションもうpにもつながった気がする。
他の受験生の方にもオススメです。

そんじゃまた来週。
posted by sun at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

T○C結果

○T○Cの択一模試結果が出たので記録をば。

T○C結果2007_12.JPG

自己採点より2点下がってる。なぜだ。
260点、偏差値70の目標は達成できず。
しっかし、公法系の弱さが際立ってるなー。

去年9月の前回模試は偏差値67.9だったので、
0.4ポイント下がった。
ただ、前回の順位は上位3.4%、今回は上位3.1%と
ほんのちょびっと上昇した。

つまり、あんまり変わってないってことか。
9月から択一対策にシフトしてきたつもりだったんだけど、
僕が上昇した分も集団全体が上昇してたってことかな。
大雑把にいうと。
思うようにいかんわー。

ちなみに、2006年12月にも、その当時の受験生に混じって受験していた。
そのときの平均点は約165点で、今回は191点。
30点近くも違うのだが。
今回の問題は、半分がこれまでの模試の使いまわしだというから、
2006年とはそれほど難易度が異なるとは思えないのだけど。
むしろ、主観的には今回は細かくて難しかったと思ったのに。
受験生の択一レベルがかなり上がってる気がする。
確かに周りを見てても、択一対策に着手するのが早かった気がするし。
今年は280点(8割)取っても安全圏とはいえないんじゃないだろうか。
はあ、大変だ。
posted by sun at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

ストイックな新年

○さっき実家から帰還しました。
喪中なので新年の挨拶はなしで。
新年明けてから、わりと自慢出来るほどの
ストイックな生活を送れたぞ。
起きてる間は、勉強と昼寝とジョギングか水泳とネットだけ。
って、こう書くとあまりストイックに見えないね。
ちゃんと勉強中心の生活だったよ。
酒は皆無
家族は日本酒飲んでたけど、僕一人は緑茶だ。
このまま試験までガマンだぜ。


○明日から学校が始まる。
激しく鬱陶しい。
自分の勉強を進めたいのに。
そんで、今月末から最後の期末試験。
それに向けての勉強もせねばならんのもウザい。
試験科目は4つ。
(卒業に関係ない単位は切った。2つも。超怠け者。)
留年はまずしないと思うけど、
ここまで来たら変な成績取りたくないからなー。


○進捗状況と計画。
昨年中に全科目1回回すという壮大な計画はあえなく破綻。
冬休み終了までに、
憲法;達成!
行政法(宇賀・百選・芦別);達成!
民法(内田1と3・民法判例集1と3半分)
会社法(100問と百選をそれぞれ3分の2)
民訴(講義案・百選・芦別);達成!
商法総則(ほんのちょっと)、手形(無)
刑法(西田総論・リーガルクエスト各論・判例刑法総論各論);まあ達成!
刑訴(池田前田・有斐閣CB・芦別);達成!

そんで、こないだのT○C結果の分析(得点率)。
憲法:68%
行政法:62%
民法:80%
会社法:73%
民訴:64.7%
商法他:50%(まぐれ当たりが多い。)
刑法:84%
刑訴:74%
こうしてみると、次に取り組むべきは明らか→行政法
しかし、これから期末試験に向けて勉強せねばならんのだが、
行政法はなく、民法が中心なんだよね。
ということで、今月は民法(択一六法・芦別・内田)を中心に据えて、
会社法、行政法、商法他を交えていくことにしよう。
まあ、民法は8割取れたとはいえ、
自信もって答えられた部分は多くなかったから、
ちゃんとやらなきゃいけないんだけどね。

刑法はせっかくタクティクス問題集を買ってあるんだけど、
一番いい成績だったので、当分放置。
民訴は重点講義に手を出したいけど、
その前にもう1度講義案読んだほうがいいのかなあ。


そんじゃ、今からもう少し勉強&今週の計画立案して寝ます。
また今週末に。
posted by sun at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。